【症例報告】ぎっくり腰から2日で職場復帰できた患者さん

仕事で、ぎっくり腰に・・・

症例報告シリーズ、今回は「ギックリ腰」です

 

今回のケースは、重労働の仕事で腰を痛めてしまい、歩くのすらツラいほどの強い痛みが、2日で職場復帰できるまでに回復した症例です

 

 

実は、僕もギックリ腰になったことがあり、あのツラさは痛いほどよく分かります^_^;

 

本当にヒドくなってしまうと全く動けなくなってしまい、靴下を履く、トイレや寝る・起きるという、普段当たり前にできる動作ができなくなってしまい、生活に支障をきたしてしまうんですね

 

とても仕事どころではありません

 

しかし、そんなツラい症状でも、カラダを内面から整えることで回復を促し、早期の仕事復帰をすることも可能です

 

実際にあった症例で解説していきますので、参考にしてみてくださいね

 

問診(カウンセリング)

20代 女性 看護師

●主訴

腰痛(ギックリ腰)

 

3・4日前に仕事で腰を痛めてしまい、そこから徐々に痛みが増して悪化している状態

連休を利用して実家に帰省し、安静にしていたが改善がみられないため来院

 

歩行痛(+)

安静時痛(+)

 

●既往歴

慢性的な腰痛

 

●病歴

卵巣嚢腫

 

検査

患部はもちろん、カラダ全体をチェックしていき、問題点を探していきます。

 

●検査

【立位】

前屈:膝のお皿まで、そこからは膝が曲がってしまうのと痛み(+)

後屈:痛み&怖さで、ほぼ不可

 

【座位】

左腸骨・脊椎全体・左肩170°ロック

 

【仰臥位】

足上げ30°、膝倒しで腰に痛み(+)

 

施術

検査で分かったことを元に、その日必要な施術をしていきます。

 

水分チェック(不足)

薬害

左肺・大腸

レスト(休憩)2分

 

再検査

施術後は、

歩行時痛(-)

安静時痛(-)

に変化

 

検査でも、

【立位】

前屈:膝がやや曲がるも、指先が床につく

痛み 10 → 2

後屈:痛み・怖さ無く、真後ろ向ける

 

【座位】

胸椎の固さ残存も、その他はOK

 

【仰臥位】

足上げ60°で痛み(+)

膝倒し 痛み(-)

 

このような変化がみられました

 

施術後、カンタンにできるセルフケアと施術ポイントについて説明

 

  • 水分不足
  • 薬害
  • 左肺・大腸

これらすべてに思い当たる節があるらしく、納得されていました

 

住まいが遠いこと、すぐにでも仕事復帰したいとの事で、翌日にも続けて診ることに

 

10あった痛みの内、1〜2残存も生活に支障を来さなくなったとの事

 

2回目の施術ポイントとしては、

 

サプリ

ストレス

感情

胸椎・頚椎

 

で、これらを調整することで痛み・動きの固さは全快

 

翌日からの仕事も無事に復帰できたと報告がありました

 

まとめ

多くの方が誤解されていることの1つに、ギックリ腰の原因があります

 

重いものを持ったり、強く捻ったといった動作をしたのが原因だと思われているケースがほとんどなのですが、実はそうではないんです

 

ホントの原因は、疲労の蓄積です

 

動作は、キッカケでしかないんですね

 

なので、

  • 回復力を上げる

  • 回復力を妨げる要素を極力少なくする

ことで何度も繰り返すギックリ腰(腰痛)でも、痛みの出にくい・疲れにくいカラダを手に入れることができます

 

今回の方の場合、疲労の原因は、

  • 重労働な仕事
  • ストレス
  • 生活リズムの乱れ

にある事が分かりました

 

また、過去の婦人科疾患も、腰・骨盤周りが固くなる引き金として考えられるので、再発防止のためのセルフケアもお伝えしました

 

 

今回の方は、初めてギックリ腰となってしまったケースでしたが、初めてでも何度も繰り返すギックリ腰でも、どちらも根底には疲労の蓄積があります

 

自分では気づきにくい原因もあったりしますので、ちゃんと治したい!という方はぜひご相談くださいね

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

二人三脚でツラい症状からの卒業を目指しましょう(^ ^)

 

やりたい事を思いっきり楽しめる快適生活へ、あなたをサポートします!

ギックリ腰について詳しくはこちら

ギックリ腰

ギックリ腰に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加