【症例報告】家事ができないほどのめまいが改善した症例

めまいが強く、家事ができなくなってしまう・・・

症例報告シリーズ、今回は「めまい」です

 

夕方以降になるとめまいが強くなり、立っているのもツラく家事ができなくなってしまっていたケースのお話です

 

 

仕事中や車の運転中に不安を覚えることもあり、帰宅してからは家族のために食事を作りたくても、めまいが強くなってしまうので横になって休まずにはいられなくなってしまう・・・

 

そんな毎日が続いており、自己嫌悪にも陥ってしまっているご様子で、お悩みは深いようでした

 

また、これまで幾つもの病院や整骨院・整体院へ行き、改善に努めるも中々思うような結果が出ず、不信感を覚えるまでになっていたとも

 

そんな悩みの深いめまいが、施術回数1回で家事ができるように回復し、2回目終了後には問題なく仕事ができるまでに回復した症例です

 

どのように回復していったのかを解説していきますので、めまいで悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね

 

問診(カウンセリング)

40代 女性 会社員

●主訴

めまい:毎日、特に夕方以降に強くなり、仕事にも支障をきたすことがあり、立っていられないほどになる事も多い

頭痛:頭痛薬を飲んでいる

腰痛:昔から

 

検査

●検査

【座位】

右腸骨・背骨・両肩90°ロック

首 左回旋で痛み(+)

 

【仰臥位】

内臓:肝臓・膵臓

自律神経:交感神経緊張状態

 

施術

検査で分かった事を元に、その日必要な施術をしていきます

 

頚椎

インナーチャイルド

湿邪

腰椎5番 前上方変位

 

再検査

施術後、再検査すると

【座位】

すべてOK

 

【仰臥位】

内臓・自律神経の反応(ー)

 

このような変化がみられました

 

施術後、交感神経緊張状態になってしまう原因になりやすい頭蓋骨の歪み・硬さに対するセルフケアを伝え、初回は終了

 

2診目以降も、局所だけでなく身体の内側・外側のチェック、必要な施術をし、2回目の施術後には家事・仕事ともに問題なくできた!と嬉しい報告を受けました

 

頭痛は出なくなったものの、めまいは若干残っているとの事なので、やや残っているめまいの解消と、健康に過ごしていけるよう体調管理のためにメンテナンスをしています

 

まとめ

ひとえにめまいと言っても、いくつかに分類され、中には病気の影響からきているケースもあります

 

めまいを細かく分類することも大切ですが、局所しかみないのも問題で、多角的に診ていかないと原因を見落としてしまう可能性があるんです

 

今回のケースで言えば、めまいの施術ポイントとして挙げた

  • 頚椎(首の骨)
  • インナーチャイルド
  • 湿邪
  • 腰椎5番 前上方変位

これら4つを、西洋医学的な検査で局所しか診ていなかったら、まず出てこない項目かと思います

 

もっと言えば、病気・症状は何かしらの意味を伝えるためのメッセージだと考えています

 

「これ以上がんばり続けてしまうとカラダが壊れてしまうから、ちょっと休憩する必要があるよ!」というカラダからのメッセージなんです

 

車に例えると、アクセルを踏み続けるとエンジンが壊れてしまう or 事故を起こしてしまうから、ブレーキを踏んでくれているという事です

 

強制的にカラダを休ませようとする事で、症状の悪化・重病化を未然に防ごうとしてくれているんですね

 

こう考えると、病気・症状ってありがたいと思いませんか?

 

僕は、そう思います

 

 

すべての病気・症状は、基本、疲労の蓄積から始まります

疲労が蓄積する

回復力が落ちる

老廃物・毒素が溜まっていく

病気・症状が起こる

ざっくりですが、こんな順になります

 

日々、仕事や育児などの忙しさに追われて、自分のカラダのことは後回しになってしまっている方、少なくないと感じています

 

特に、お子さんがいるお母さんが、そうなってしまうケースが多いですよね

 

カラダは健康を維持するために何かしらのメッセージを送ってくれています

 

そのメッセージにいち早く気づき、必要な対応ができればツラい症状から卒業する可能性が高くなります

 

クスリを使っても改善しない症状でも大丈夫です

ぜひ一度、ご相談くださいね

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

二人三脚でツラい症状からの卒業を目指しましょう(^ ^)

 

やりたい事を思いっきり楽しめる快適生活へ、あなたをサポートします!

めまいについて詳しくはこちら

めまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加