頚椎症

なぜ?他院で改善しなかった頚椎症が当院の施術で改善するのか?

なぜ?他院で改善しなかった頚椎症が当院の施術で改善するのか?

頚椎症による痛みを改善してやりたい事を楽しみたい!とお考えのあなたへ

口コミランキング第1位に選ばれました

首や肩のツラい痛みがずっと取れない・・・

肘〜指にかけてシビレがある・・・

 

頚椎症による痛みやシビレは生活に支障を来すことも珍しくなく、手術を勧められるケースが少なくありません。

 

しかし、手術をすれば必ず改善するワケではなく、あまり変わらないケースも・・・

 

そんな頚椎症ですが、クスリや手術に頼らなくても改善する方法があります。

 

クスリ・手術に頼らずに改善するには、

  1. 内臓疲労からくるカラダの歪み
  2. 自律神経の乱れからくる回復力の低下

を調整する必要があります。

 

痛み・シビレに悩まず、やりたい事を思いっきり楽しめる快適生活に向けて、一緒に歩んでみませんか?

 

  • 肩甲骨から腕にかけて痛みがある
  • 整形外科に半年ほど通って首の牽引をしているが改善しない
  • 肘〜指にかけてのシビレが取れない
  • 手術をしたが改善しない
  • クスリを飲んでも効かない

頚椎症って、あまり聞きなれない言葉だと思います。

 

首こり、肩こりとどう違うのか?

ヘルニアとは違うの?

 

など疑問に思われている方もおられるかと思いますので、まずは、頚椎症とは何なのか?について解説していきますね。

 

頚椎症とは?

頚椎症とは、上の図のように首の骨にトゲができたり、靭帯が硬くなることで首に痛みやシビレが出るものです。

 

問題が起こる場所によって、

  • 頚椎症性神経根症
  • 頚椎症性脊髄症

と呼び、これらを総称して頚椎症と言います。

 

症状としては、

  • 頚椎症性神経根症

・左右どちらかの腕に痛み・シビレが出る

・肩こりや肩甲骨の内側が痛む

・手の指の動かしにくさ

 

  • 頚椎症性脊髄症

・手だけでなく足にも痛み・シビレが出る

・足がもつれる

・箸を使う、字を書くなどの細かい動きがしにくくなる

・つまずきやすくなる

・尿や便が出にくくなる

 

2つの大きな違いは、神経根症が首から手にかけてに限定して症状が出るのに対し、脊髄症が首から手に限らず全身に症状が出るということがあります。

 

これは、脊髄という神経の大元にトラブルが起こるか、脊髄から出ている神経(神経根)にトラブルが起きているかの違いによります。

 

ここからは、なぜ頚椎症になってしまうのか?

 

その原因について解説していきます。

 

一般的に考えられている頚椎症の原因

一般的に頚椎症は、

  1. 加齢
  2. 外傷

(1)加齢

加齢による影響で椎間板がつぶれてしまい、その影響で脊髄が通る脊柱管が狭くなってしまう、脊髄や神経根が圧迫されてしまうことで頚椎症になってしまうと考えられています。

 

(2)外傷

事故などによるケガが原因で頚椎がずれてしまい、それが元に戻らず長期間そのままになることで頚椎が変形してしまい、骨が脊髄や神経根を圧迫することで頚椎症になるという考えです。

 

神経根症の場合は、痛み止めなどのクスリの服用や頚椎カラーで首に掛かる負担を軽減して過ごす保存療法で様子を見ます。

 

それでも改善が見られない場合は、手術をすることになります。

 

脊髄症は、早い段階で手術が選択されます。

 

高崎中央整体院が考える、頚椎症のホントの原因

頚椎症の原因、それは、一言で表現するなら疲労の蓄積です。

 

加齢や外傷も、一つの要因と言うことはできます。

 

が、年を重ねると必ずしも頚椎症になるワケではありませんし、外傷についてもそれは同じです。

 

では、なぜ頚椎に疲労が蓄積しやすくなってしまうのか。

 

それは、

  • 内臓疲労からくる背骨の歪み
  • 自律神経の乱れからくる回復力の低下

の2つです。

 

内臓の疲れが原因で背骨が歪む⁉︎

症状の大元の原因は、

内臓の疲れからくるカラダの歪み

自律神経の乱れからくる回復力の低下

になります。

 

飲食の不摂生や睡眠不足・運動不足などの生活習慣の乱れが続くと、内臓に疲れが溜まってしまいます。

 

すると、弱った内臓を守ろうとして、姿勢が歪んでくるんです。

 

お腹が痛い時って、写真のように背中が丸まりますよね?

 

このように、守ろうとする内臓によって、カラダはあらゆる姿勢に変化する(歪む)んです。

 

これは、内臓体性反射といって、神経の反射によるモノで、弱った内臓を助けるためってのがポイントです。

こういった理由で、内臓の疲れが元で背骨が歪み、頚椎に負担が掛かり続けてしまうことで、頚椎症になるリスクが高まってしまうんですね。

 

なので、「首や肩がこるなぁ」と感じたら、症状が悪化する前に生活習慣の改善や整体を受けるなどすることをオススメします。

 

頚椎症が牽引や手術で改善しない理由

頚椎症による痛みやシビレ、普段できていた事ができなくなるのは、精神的にもとてもツラいですよね。

 

しかも、それが毎日続き、終わりが見えない不安を抱え続けるとなると・・・

 

僕も昔、寝ても覚めてもかゆみに悩まされ、本当に治るのか?かゆみが落ち着く日が来るのか?と悩んでいた時期があり、ツラい思いをしてきたので、クスリや手術に頼りたくなる気持ち、すっごく分かります。

 

しかし、クスリや手術で100%効果があるかと言えば、そうではないのが実情。

 

改善しない所か、悪化してしまったなんて声も耳にします。

 

なぜ、改善しないケースが出てしまうのでしょうか?

 

答えはカンタンで、原因が解決していないからです。

 

頚椎症の原因は、

  • 内臓の疲れからくる背骨の歪み
  • 自律神経の乱れからくる回復力の低下

のコンボ技と書きました。

 

ここを解決せずに、症状だけみて局所的な対応をすると、全体を見るとかえってバランスを崩してしまうことがあるのです。

 

頚椎症へのアプローチ法

では、どうすればいいかと言いますと、

歪みを整え

血液循環を改善

させれば良いんです。

 

当院では、歪みの原因である内臓疲労からアプローチすることで、歪みの解消と回復力を最大限に引き出すことを主な目的として施術いたします。

 

そうする事で、

  • 頚椎症が起こってしまっている患部への負担軽減
  • 全身に血液が行き渡るようになり、固まってしまった筋肉や関節、内臓が本来の柔軟性・働きを取り戻す

ことができるのです。

 

施術

当院の施術は、カラダに負担を掛けない、ソフトな刺激で行います。

 

刺激が強すぎると防御反射が起こってしまい、かえってカラダに負担が掛かり治ろうとするチカラを邪魔してしまうためです。

 

自律神経のバランス改善は、言い換えると脳の疲労回復になります。

 

その為には、脳脊髄液という脳を栄養しているモノの生産と循環を改善する必要があり、これには頭蓋骨の調整が必要です。

 

これも触れる程度のソフトな調整で行いますので、カラダに余計な負担をかけることのない安全な施術になります。

 

施術でカラダのバランスを整えるのはもちろん、誰でもカンタンにできるセルフケアも合わせてお伝えします。

 

今まで、痛みやシビレでやりたい事を諦めていた方も、健康で元気なカラダになるために、一緒に歩んでいきましょう!

 

ご予約・お問い合わせはコチラから!

はい、高崎中央整体院です」と出ますので、

ホームページを見て、予約をお願いします」とお伝えください。

・ご希望の日時

・お名前

をお申し付けください。ご予約を承ります。

 

院長からのメッセージ

痛みやシビレといった症状は、カラダからのSOSのサインです。

 

症状が弱いうちは放っておかれがちですが、疲労が積み重なってしまうと、より重い症状へと悪化するリスクが高まっていきます。

 

また、病院や整骨院に行って色々やっているんだけど、なかなか良くならないという方もいらっしゃると思います。

 

これは、まだ治るのに必要なことをしていないことが原因なんです。

 

例えば、内臓疲労との関係

 

一見、気付きにくい原因を見つけ出し、あなたにとって必要なことを提供し、快適生活へご案内します!

 

あなたのご来院を、心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加