リウマチ

なぜ?何年も痛みに悩まされていたリウマチが当院の施術で改善するのか?

なぜ?何年も痛みに悩まされていたリウマチが当院の施術で改善するのか?

リウマチによる痛みの解決策をお探しのあなたへ

口コミランキング第1位に選ばれました

指や手首が腫れて痛い・・・

クスリを使っているのに痛みが引かない・・・

 

このようなお悩みを抱えていませんか?

 

リウマチによる症状は人によって様々で、生活に支障を来すほどのケースも少なくありません。

 

クスリで症状を抑えるにも限界があり、投薬を始めてすぐは嘘のように痛みが消えていたのに、段々と効かなくなり痛みに耐える毎日・・・なんてケースもあります。

 

クスリで良くならなかったリウマチも、

  • 内臓の疲れ
  • 自律神経の乱れ

を整えて、栄養補給デトックスできるカラダ作りをする必要があります。

 

痛みに悩まず、毎日を楽しく過ごしたい!という方は、一緒に改善に向けて歩みましょう!

 

  • 手指や手首が腫れて痛い
  • クスリを使っているが、痛みが引かない
  • 骨には異常がないので様子見になったが、異常が出るまで待たなければならないのか不安
  • 血液検査では問題ないと言われるが、腫れも痛みもある
  • いろんな関節が場所を移動しながら痛む

膠原病の一種であるリウマチ。

 

膠原病は自己免疫疾患とも呼ばれ、身体のシステムにトラブルが起こった状態のことを言います。

 

基本的に、ステロイドなどのクスリで症状(炎症)を抑えるという方法がとられるのですが、クスリでは改善しないケースもあり、国から特定疾患(難病)指定されています。

 

なぜ、クスリで改善しないケースがあるのか?そもそも関節リウマチとはどんなモノなのか?

 

これらについて解説していきます。

 

関節リウマチとは?

リウマチとは、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が起こる膠原病の一種です。

 

一般的にリウマチとは、関節リウマチのことを指していて、関節リウマチという名前が示す通り、指や手首などの関節に炎症が起き、痛みや関節の変形・が起こっているものを言います。

 

人口の%弱がリウマチに悩まされていると言われ、70万〜100万人のリウマチ患者がいるとされています。

 

特に、30代〜50代の女性に多いと言われています。

 

初期は、身体のだるさや微熱が続く、食欲低下、体重減少などで、それから朝のこわばりや指が曲げにくいなどの症状が出てくるようになります。

 

次第に、腫れや関節の痛む場所が、指から手首、膝や肘といった感じで広がっていくことになります。

 

治療法としては、

  1. 薬物療法
  2. リハビリ
  3. 手術

とあり、基本クスリを中心に必要に応じて、リハビリ・手術を組み合わせていくようです。

 

一般的な関節リウマチの原因

自己免疫疾患という言葉で何となく想像つくと思うのですが、免疫機能の異常が原因と考えられています。

 

免疫異常が起こる要因として

  1. 出産
  2. 遺伝
  3. 喫煙・感染症・歯周病

が挙げられています。

 

(1)出産

妊娠中は、胎児を異物として誤認識して免疫細胞が攻撃してしまわないように、母体の免疫機能が落ちると言われています。

 

産後、抑えていた免疫機能が高まるのですが、それが急激だと、リバウンドのように免疫反応が過剰に働くことで、リウマチを発症すると考えられています。

 

(2)遺伝

関節リウマチには、HLA-DR4型という遺伝子が関係していると考えられています。

が、リウマチに悩む方のすべてがこの遺伝子を持っているワケではなく、その数おおよそ6割〜7割と言われています。

 

また、リウマチが無い人でも、この遺伝子を持っている人が4割ほどいるとされている事、親がリウマチでも必ずしも子どもがリウマチになるわけではありません。

 

(3)喫煙・感染症・歯周病

リウマチ遺伝子を持つ人が、喫煙することでリウマチになりやすいと言われています。

 

また、感染症の原因菌であるマイコプラズマや、虫歯の原因となる菌が作るシトルリン化ペプチドという物質が、リウマチを引き起こすと考えられています。

 

 

しかし、リウマチになってしまうハッキリとした原因は分かっておらず、これらの要因が絡まり合って症状が出ると考えられています。

 

高崎中央整体院が考える、関節リウマチのホントの原因

結論から先に言ってしまうと、当院はリウマチの原因は自律神経の乱れからくる内臓疲労が原因だと考えています。

 

自律神経が乱れると、ON・OFFのスイッチの切り替えがうまくいかなくなり、内臓が疲れやすくなります。

 

様々な影響が出るのですが、その内の1つにデトックス機能の低下があります。

 

通常、老廃物や毒素は内臓で分解・解毒処理され、大小便や汗といった形で排泄されます。

 

この働きが低下することで体内に老廃物・毒素が溜まっていくのですが、そうするとサラサラ血液がドロドロ血液へと汚れていってしまうんです。

 

ドロドロ血液になってしまうと当然、流れにくくなってしまうのですが、ここで問題になってくるのが、毛細血管。

 

毛細血管の一番細い場所はものすごく狭く、血液(赤血球)の方が大きいくらいです。

 

通常、キレイな赤血球なら弾力性があるため、細い毛細血管もスムーズに通れるのですが、ドロドロ血液になってしまうと赤血球の弾力が失われてしまい、血管を刺激し炎症が起こってしまうんです。

 

この炎症が、リウマチ症状を引き起こしてしまうと考えています。

 

 

では、ドロドロ血液になってしまう要因は何があるのか?

 

これについて解説していこうと思います。

 

ドロドロ血液

カラダの中を流れる血液は、飲食などの生活習慣によってサラサラ or ドロドロに変化します。

 

これは、内臓からの分泌物により、サラサラ・キレイな状態を保てるようになっている為、慢性的に生活習慣が乱れていると内臓の働きが低下してしまい、結果、汚れた血液になってしまうのです。

 

また、血液自体にも寿命があり、古くなった血液を壊し、新しい血液を造るといった働きが常に行われています。

 

しかし、この働きがスムーズにできなくなると、古い血液を使い続る必要が出てきます。

 

こうなると、血液自体の弾力性も失われてくる為、細い毛細血管を通りにくくなることで血管に炎症が起こってしまう事がリウマチの要因となるのです。

 

ここで、2つの川をイメージしてみてください。

A:ゴミ1つないキレイな水が流れている川

B:ゴミや産業用水で汚れた水が流れている川

 

さて、スムーズに水が流れるのは、どちらの川でしょうか?

 

答えは、Aですね。

 

ドロドロ血液が血管の炎症を起こし、リウマチの原因になるイメージ、湧きましたでしょうか?

 

リウマチが改善しにくい理由

内臓の解毒力の低下

自律神経が働きをコントロールしている内臓は、

・食べたモノを、消化・吸収・排泄する

・血液を全身に流し、栄養と老廃物を運ぶ

・ウイルスなどの毒素の排除

といった事をしてくれています。

 

毒素は、内臓で解毒処理され、大小便や汗といった形で排泄されます。

 

しかし、なんらかの原因で内臓が疲れ、解毒処理が追いつかなくなると体内で処理できない毒素を皮膚から捨てようとします。

 

皮膚は内臓の鏡と言われるように、内臓機能が低下している時は皮膚の状態に現れる(ニキビや口内炎など)ので、1つの指標にするといいですよ。

 

ストレス・自律神経の乱れ

ストレス社会なんて言葉があるくらい、現代人はストレスにさらされていますよね。

 

ストレスがカラダに良くないというのは知っていると思いますが、では、何が良くないのか・どんな影響があるかをご存知でしょうか?

 

大まかに言うと、内臓の働きに影響し自律神経が乱れてしまうことにあります。

 

自律神経は、一言でいうとカラダのバランスを整えてくれています。

 

交感神経 :ONのスイッチ、日中はエネルギッシュに動けるよう活動的に

副交感神経:OFFのスイッチ、朝晩はリラックスして体力の回復を行う

 

といった感じです。

 

この2つがバランス良く働いてくれることで、元気なカラダを維持できるんですね。

 

しかし、自律神経が乱れてしまうと、様々な不調に悩むことになってしまいます。

 

例えば、お腹の調子。

 

副交感神経優位な状態が続いてしまうと下痢気味に、交感神経優位な状態が続くと、便秘気味になってしまうんです。

 

これは、栄養を吸収するのは交感神経、便の排泄は副交感神経が担っているからになります。

 

こんな風に自律神経の乱れは、カラダのあらゆる不調を引き起こす原因になってしまいます。

 

生活習慣の乱れ

生活習慣が健康のポイントだというのは聞いたことがあると思います。

 

食事・睡眠・運動どれか1つだけで健康を維持しているワケではなく、この3つのバランスが大切になってきます。

 

例えば、食事。

 

テレビで◯◯が△△に良いとか聞くと、それを食べていれば病気にならない・症状が改善すると思われる方、多いと思います。

 

そんな単純なことで健康を維持できれば苦労しませんよね。

 

現実は、様々な要素が絡み合って、結果として病気・症状が現れています。

 

時には暴飲暴食も良いですが、頻繁にしていると内臓に負担をかけることになり、ドロドロ血液になってしまうことに・・・

 

睡眠も根本的に改善していく上で大事な要素となってきます。

 

というのも、熟睡できないと浅い睡眠しか取れず、成長ホルモンの分泌に影響し、回復しづらい質の悪い睡眠になってしまうからです。

 

疲れが取れないと、内臓の働きは低下したままになってしまい、解毒・排毒が追いつかない状態に拍車をかけてしまいます。

 

クスリの副作用

痛みや不眠などの不快な症状があると、ついクスリに頼りたくなりますよね。

 

クスリを使うこと自体を否定はしませんが、クスリができる事・できない事を理解した上で上手に使っていただきたいと思います。

 

クスリにできる事、それは症状を隠す・抑えること

であり、原因から治すことはできません

 

症状を一時的に抑えることはできます。

 

が、症状の原因からの改善はできない為、効果が切れるとそれまで抑え込まれていたモノが爆発するかのように、一気に症状に襲われます。

 

また、それだけでなく、クスリ自体が毒を持って毒を制すモノなので、使い続けていると、体内に毒素が蓄積していくことになってしまうのです。

 

ツラい症状はガマンが利かない事もあるので、時には必要だと考えます。

 

が、根本的な解決策にはならないことを理解していただきたいです。

 

クスリを逆から読んでみると・・・

 

気候の影響

気温や湿度・気圧も、自律神経に影響します。

 

影響すると言っても、ある程度の体力があれば気になることはないのですが、体力が低下していたりすると、

  • ダルくなる
  • 寝つきにくくなる
  • 古傷が痛む
  • お腹の調子が悪くなる

などの症状を自覚するようになります。

 

これには様々な理由があるのですが、1つに痛みなどの感覚に自律神経が関係していて

・交感神経が働く :感覚が鈍くなる

・副交感神経が働く:感覚が鋭くなる

為です。

 

こういった様々な要因が絡み合い、自律神経の乱れや内臓疲労が起こってきます。

 

心身にストレスが掛かり続けると、あらゆる不調が起こりやすい虚弱体質になってしまうので、注意が必要です。

 

リウマチへのアプローチ法

では、整体でリウマチを改善するにはどうすればいいのかを解説しますと、

  • 内臓の解毒力の改善
  • 自律神経の乱れを整える

この2点を重点的に行います。

 

肝臓や腎臓で解毒し、大小便や汗で排毒(デトックス)できるようになると、サラサラ血液になり血管に炎症が起こらなくなるので、リウマチ症状は改善していきます。

 

また、自律神経がバランス良く働くことで新陳代謝の活性化や回復力が高まるため、リウマチ症状に限らず元気なカラダで毎日を過ごせるようになります。

 

施術

当院の施術は、カラダに負担を掛けない、ソフトな刺激で行います。

 

刺激が強すぎると防御反射が起こってしまい、かえってカラダに負担が掛かり治ろうとするチカラを邪魔してしまうためです。

 

自律神経のバランス改善は、言い換えると脳の疲労回復になります。

 

その為には、脳脊髄液という脳を栄養しているモノの生産と循環を改善する必要があり、これには頭蓋骨の調整が必要です。

 

これも触れる程度のソフトな調整で行いますので、カラダに余計な負担をかけることのない安全な施術になります。

 

生活習慣の改善といっても、中にはどうしてもムリ!って事もあると思います。

 

すべてを改善できなくても大丈夫!

 

自分のカラダを信じてみましょう♪

 

カラダの働きって、自分が思っているよりもずっとずっと、スゴいチカラを持っていますから。

 

改善に向けて、一緒に歩んでいきましょう!

 

ご予約・お問い合わせはコチラから!

はい、高崎中央整体院です」と出ますので、

ホームページを見て、予約をお願いします」とお伝えください。

・ご希望の日時

・お名前

をお申し付けください。ご予約を承ります。

 

院長からのメッセージ

痛みやシビレといった症状は、カラダからのSOSのサインです。

 

症状が弱いうちは放っておかれがちですが、疲労が積み重なってしまうと、より重い症状へと悪化するリスクが高まっていきます。

 

また、病院や整骨院に行って色々やっているんだけど、なかなか良くならないという方もいらっしゃると思います。

 

これは、まだ治るのに必要なことをしていないことが原因なんです。

 

例えば、内臓疲労との関係

 

一見、気付きにくい原因を見つけ出し、あなたにとって必要なことを提供し、快適生活へご案内します!

 

あなたのご来院を、心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加