顎関節症

なぜ?マウスピースをしても改善しなかった顎関節症が当院の施術で改善するのか?

なぜ?マウスピースをしても改善しなかった顎関節症が当院の施術で改善するのか?

顎関節症による悩みを解決したい!とお考えのあなたへ

口コミランキング第1位に選ばれました

口を開けるたびに痛みが伴う・・・

痛みと関節が引っかかって開けられない・・・

 

歯科に行き、マウスピースを使っていても改善しないケースもあります。

 

また、改善するまで何年もの長い時間が掛かってしまうことも多いようです。

 

これには理由があり、原因の解決をせずに対症療法的なアプローチしかしていないからなんです。

 

顎関節症の根本的な原因とは、

  • 内臓疲労からくるカラダ全体の歪み
  • 自律神経の乱れ

になります。

 

ここを改善しつつ、局所的なアプローチをすることで、短期間での改善も十分期待できますよ。

 

顎が開くようになりました

お客様写真
アンケート用紙

半年ほど前から顎が開きにくくなり、普通に喋ろうとしたり食事をしようとすると顎が詰まったような感じで開きにくくツラかった

 

顎に関してだけでなく、様々な観点から原因を探ってくれて安心しました

 

痛みがほとんどない施術なのに、すぐに顎が開くようになりました

 

施術だけでなく、日常生活で何に気をつけたらいいかを具体的に教えてくれるのも良かったです

Sさま 男性 学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

顎の動作がスムーズになりました

お客様写真
アンケート用紙

顎が動かなくなることがあり、食事がうまくできないことも・・・

味も感じにくくなり、「おいしい」と感じられなくなりました。

 

ソフトな施術でも効果はハードで、顎の動きがスムーズになりました

 

顎だけの問題ではなく体のバランスと関係があるらしいので、一度たずねて診てもらうのが一番いいと思います。

清水さま 男性 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

顎の痛みがなくなりました

お客様写真
アンケート用紙

「そのうち治るだろう」と思って顎の違和感を放っておいたら、痛みは増すばかりで食事もままならなくなってしまいました

 

施術はまったく痛みのないもので、施術後は体が軽くなりました

 

疲労が溜まりやすいポイントを教えてもらい、セルフケアをすることで自分でもメンテナンスができて良かったです

柳澤さま 男性 自営業

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • 口を開けるとクリック音がする
  • 指2〜3本分しか開かない
  • 開けるたびに痛みが伴う
  • 片側だけ顎が引っかかって開かない
  • マッサージやマウスピースをしているが改善されない

 

顎関節症は、

  1. 開かない
  2. 痛みがある
  3. クリック音が鳴る

これらが一つ、あるいは複数絡み合っている状態のことを言い、若い女性に多いとされています。

 

成人の半数(約5割!)の人が経験していると言われています。

 

意外と多い顎のお悩み。

 

なぜ、これだけ多くの人が顎の悩みを抱えてしまうのか?

 

まずは、顎関節症の原因について書いていきたいと思います。

 

一般的な顎関節症の原因

一般的には、顎関節症の原因として

  1. ストレス
  2. 噛み合わせの問題
  3. 事故などで強い衝撃を受けた影響
  4. 食い縛り・歯ぎしりや頬杖など、顎に負担をかけるクセ

これらが言われています。

 

また、若年層に増えてきている要因として、食生活の変化も指摘されています。

 

昔と比べて固いものを食べる機会が減り、逆にパンや麺類など柔らかい物を食べる機会が増えたことで顎そのものが弱ってきているという指摘です。

 

刺激が少なすぎると、筋肉や骨がしっかりせず、支えられなくなったり関節の動きがしっかりせずに顎関節症になりやすいのではないか?と考えられています。

 

顎周りの筋肉や関節にトラブルが起こると、図の顎関節部分に書いてあるように、クッションの役割をしている関節円板の動きが悪くなるなどして、

  • 開閉時の痛み
  • クリック音
  • 十分に開かない

といった症状が現れるのです。

 

高崎中央整体院が考える、顎関節症の「ホント」の原因

顎関節の局所的なトラブルはもちろん、症状の直接的な引き金になるので、上記の一般的な原因の理解はとても重要です。

 

しかし、なぜ顎に歪みが発生してしまうのか?

 

若年層に増えたといっても、皆が皆、顎関節症になるわけではない事実をみると、他にも原因があると考えられます。

 

大きく分けて2つあり、

全体的なカラダの歪みの影響

自律神経の乱れ(交感神経の過緊張)

です。

 

それぞれ解説していきたいと思います。

 

  • 全体的なカラダの歪みの影響

カラダ(骨格)は、成人で206個の骨から構成されており、関節は260箇所ほどもあります。

 

ここで大切な事として、一個一個の骨・関節は互いに影響し合っているという事です。

 

もっと言うと、骨格には体を支えるだけでなく内臓を守るという役割も担っているので、内臓が何らかの理由で弱ると、弱った内臓を守ろうと姿勢を歪ませます

 

これを、内臓体制反射と言います。

 

この反射自体はいいのですが、問題はこの後。

 

短期間で守られていた場所が回復すれば歪ませる必要がなくなるので骨格は元の生理的な姿勢に戻っていくのですが、内臓疲労に気づかないまま生活を続けてしまうと、以下のようになります。

 

ある場所を守る為に歪ませた結果、別の場所に負担が掛かることになります。

 

例えば、こんな感じに。

 

胃を守る為に、姿勢を歪ませる → 背骨(胸椎)に負担が掛かる → 胸椎が壊れないように姿勢をさらに歪ませる → 骨盤が歪む → 骨盤に負担が掛かり続けると・・・

 

このような感じに、初めはある一部分を守る為の局所的な歪みだったのが、徐々に全身に広がっていくことになってしまうんです。

 

その影響がめぐりめぐって顎に出ると顎関節症になってしまう、というワケです。

 

 

  • 自律神経の乱れ(交感神経の過緊張)

交感神経は、ストレスを感じた時や運動・仕事など活動する時に働く神経です。

 

ちなみに、交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれています。

 

自律神経は、興奮・緊張させる交感神経とリラックスさせる副交感神経の二つがセットになっているのですが、これらのスイッチの切り替えがうまくいかずに、どちらかのスイッチが入りっぱなしになってしまう事があります。

 

交感神経にスイッチが入りっぱなしになってしまうと、

  1. 肩に力が入りっぱなしになる
  2. 呼吸が浅くなる
  3. 睡眠が浅くなる
  4. 歯を食いしばったままになる

こういった状態になります。

 

この中で、4つ目に挙げた食い縛り状態が続くと、顎の関節に負担が掛かってしまい、顎関節症になってしまうリスクが高まります。

 

また、自律神経がアンバランスになることのデメリットは他にもあり、回復力の低下が大きな問題点としてあります。

 

回復力が低下すれば当然、疲労やケガが治りにくくなり、問題が解決する所か悪化してしまったり広範囲に渡ってしまうなど健康とは離れていってしまうことに・・・

 

顎関節症に限った話ではありませんが、自律神経の乱れは、問題の長期化・重症化を招いてしまう、根本的な原因になっているんです。

 

顎関節症が改善しにくい理由

これまでに書いてきたように、顎関節症というのは1つの結果であり、原因は顎以外の問題にあります。

 

内臓が疲れてしまうと、食べたものの消化・吸収が不十分になり、栄養を摂取できなくなります

自律神経が乱れることで回復力が低下し、トラブルの長期化・重症化を招いてしまいます

 

要は、虚弱体質になってしまうという事です。

 

ベースに問題を抱えた状態でいくら対症療法的なことをしても、なかなか回復に向かわないのは想像に難くないと思います。

 

マウスピースやマッサージをするのはいいのですが、そもそもカラダが弱っていれば、回復までに時間が掛かってしまうんですね。

 

では、当院はどのようなアプローチで顎関節症を改善に導いていくのか、解説していきます。

 

顎関節症に対するアプローチ法

では、どうすればいいかと言いますと、

歪みを整え

血液循環を改善

させれば良いんです。

 

当院では、歪みの原因である、内臓疲労からアプローチすることで、回復力を最大限に引き出すことを主な目的として施術いたします。

 

そうする事で、全身に血液が行き渡るようになり、固まってしまった筋肉や関節が、本来の柔軟性を取り戻すことができるのです。

 

こうする事でカラダは治りやすくなり、局所的な施術も効果が出やすくなります。

 

当院では、顎の動きを左右差はもちろん、頭蓋骨や首などとの関わりも含めて診ていくので、どこが原因で痛みや開閉しにくさといった問題が出ているのを把握した上で、必要な施術をしていきます。

 

こうする事で、なかなか改善しなかった顎関節症でも短期間での改善が期待できるのです。

 

施術

当院の施術は、カラダに負担を掛けない、ソフトな刺激で行います。

 

これは、ゴリゴリと強揉みのマッサージをしたり、ボキボキ系の骨格矯正では刺激が強すぎることで防御反射が起こってしまい、かえってカラダは固くなってしまうためです。

 

ソフトな調整をして、内臓が元気に働けるバランスに整えたあとに、筋肉や関節の調整をして、血流の改善を図ります。

 

筋肉には、関節を動かすだけではなく、血液を流すためのポンプとしての働きを持っています。

 

特に、ふくらはぎの筋肉は、足の第2の心臓と呼ばれるほど、重要な筋肉になります。

 

施術で、カラダのバランスを整えるのはもちろん、顎関節症を改善することができるセルフケアも合わせてお伝えします。

 

好きなものを気にせず食べられて、当たり前のことを当たり前に楽しめる元気なカラダになるために、一緒に歩んでいきましょう!

 

ご予約・お問い合わせはコチラから!

はい、高崎中央整体院です」と出ますので、

ホームページを見て、予約をお願いします」とお伝えください。

・ご希望の日時

・お名前

をお申し付けください。ご予約を承ります。

 

院長からのメッセージ

痛みやシビレといった症状は、カラダからのSOSのサインです。

 

症状が弱いうちは放っておかれがちですが、疲労が積み重なってしまうと、より重い症状へと悪化するリスクが高まっていきます。

 

また、病院や整骨院に行って色々やっているんだけど、なかなか良くならないという方もいらっしゃると思います。

 

これは、まだ治るのに必要なことをしていないことが原因なんです。

 

例えば、内臓疲労との関係

 

一見、気付きにくい原因を見つけ出し、あなたにとって必要なことを提供し、快適生活へご案内します!

 

あなたのご来院を、心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加