逆流性食道炎

なぜ?病院に行っても改善しなかった逆流性食道炎が当院の施術で改善するのか?

なぜ?病院に行っても改善しなかった逆流性食道炎が当院の施術で改善するのか?

逆流性食道炎の解決策をお探しのあなたへ

口コミランキング第1位に選ばれました

胃がムカムカしたり胸焼けしやすい・・・

喉の奥に酸っぱいものが上がってくる・・・

 

逆流性食道炎は、胃酸を抑えるクスリでコントロールするしかないと思っていませんか?

 

逆流性食道炎は、クスリに頼らなくても改善します。

 

改善のために必要なポイントは、

  1. 内臓の働きの改善
  2. 自律神経のバランス正常化

の2つになります。

 

この2つを調整することで、クスリに頼らずとも逆流性食道炎を改善することができます。

 

  • 食後、胸焼けがする
  • 喉の奥に酸っぱいものが上がってくる
  • 自覚症状はないが、検査で逆流性食道炎と言われクスリを飲んでいる
  • ゲップや胃がキュルキュル鳴るのが不快
  • クスリを飲むと効果出るが、3ヶ月ほど経つとまた症状が出る
  • クスリを服用しても改善しない

お悩みの方が多いと感じる逆流性食道炎。

 

生活に支障を来すほどではなくても、不快感は強いため解決策を探して悩んでいるという方が多いようです。

 

病院では主に、

・クスリの処方

・食生活の改善

が逆流性食道炎を改善するポイントと言われているようですが、それで改善するかと言うと、そうではありません。

 

また、クスリを使ってある程度は症状を抑えられても、時間の経過と共にまた症状に悩まされるといったケースも少なくないようです。

 

食事を楽しめない日が続くと思うと、ゾッとしますよね。

 

でも、大丈夫!

 

クスリに頼らなくても、逆流性食道炎は改善します!

 

その為には、

  • 内臓の働き改善
  • 自律神経のバランス調整

が必要です。

 

美味しく・楽しく食事し、胸焼けなどの不快感とサヨナラしたいという方は、改善に向けて一緒に取り組んでいきましょう!

 

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、下部食道括約筋という胃から食道への逆流を防ぐ弁の役割をしている筋肉が、緩くなるなど何らかの理由で締まりが悪くなることで、胃酸の逆流が起こってしまい、食道に炎症が起きた状態のことを言います。

 

症状としては、

・胸焼け、吐き気

・口が酸っぱくなる

・ゲップが出る

などで、自覚症状なしの場合もあります。

 

このような症状があることで、

・食べたいものが食べられない

・気分がさえず、スッキリしない

・ぐっすり眠れない

などの日常生活でのお悩みを抱える病気です。

 

一般的な逆流性食道炎の原因

一般的に逆流性食道炎の原因としては、

  1. 食の不摂生
  2. 加齢
  3. 肥満や姿勢の悪さ

これらが考えられています。

 

(1)食の不摂生

暴飲暴食はもちろん、脂肪やタンパク質の多い食べ物を摂りすぎると、胃酸の分泌が増え、下部食道括約筋が緩むことが原因となると考えられています。

 

(2)加齢

加齢と共に、筋肉が低下しくことで、下部食道括約筋がキチッと閉まらなくなり、逆流が起こりやすくなると考えられています。

 

(3)肥満や姿勢の悪さ

お腹周りの脂肪や姿勢の悪さ、衣服やベルトなどでの締め付けが強いと、胃が圧迫されて胃酸が逆流しやすいと考えられています。

 

高崎中央整体院が考える、逆流性食道炎のホントの原因

当院は、自律神経の乱れが原因となり、逆流性食道炎になってしまうと考えております。

 

なぜなら、内臓の働きは自律神経がコントロールしているから。

 

自律神経が乱れてしまう原因は、大まかにまとめると

  1. 生活習慣の乱れ
  2. ストレス

になります。

 

そして、自律神経が乱れることで内臓が疲れやすくなってしまい、あらゆる病気・症状になるリスクが高まってしまうんです。

 

 

ここからは、当院が考える自律神経が乱れてしまう代表的な3つの原因について解説していきたいと思います。

 

自律神経が乱れる3つの原因

脳の疲労

パソコンや携帯電話は、持っているのはもちろんのこと、1人で複数台持っているということも珍しくありません。

 

仕事だけでなく、生活を送る上で欠かせなくなっています。

 

目から入ってくる情報は脳で処理するため、情報量が多ければ多いほど、使用時間が長ければ長いほど、脳は疲れてしまいます。

 

脳が疲れた状態が続いてしまうと、自律神経のバランスが乱れてしまい、回復力の低下やウイルスへの抵抗力が弱まってしまい、体調を崩しやすくなってしまいます。

 

内臓の疲れ

自律神経が働きをコントロールしている内臓は、

 

・食べたモノを、消化・吸収・排泄する

・血液を全身に流し、栄養と老廃物を運ぶ

・ウイルスなどの毒素の排除

 

といった事をしてくれています。

 

食の不摂生や睡眠不足が続くと、内臓に負担が掛かり続けてしまい、内臓そのものが疲れてしまいます。

 

内臓と神経はつながっているため、内臓の疲労が蓄積すればするほど、自律神経の乱れが慢性化してしまう事になります。

 

気温や気圧による影響

天候が悪くなると、カラダの調子が悪くなるって聞いたことありませんか?

 

あれは、自律神経の影響がポイントとなっています。

 

どういう事かと言うと、痛みなどの感覚にも自律神経が関係していて

・交感神経が働く :感覚が鈍くなる

・副交感神経が働く:感覚が鋭くなる

という風になっています。

 

普段、ストレスの多い生活を送っていると、交感神経優位な状態が長くなり、感覚は鈍くなっていきます。

 

疲れや痛みに気づきにくくなってしまうという事です。

 

このような状態になっていると、季節の変わり目や天候が崩れた時など、副交感神経が優位に働いた時に感覚が鋭くなり、それまで気づけていなかった疲労や痛みに気づけるようになります。

 

このように、天候・気圧の変化によって自律神経は影響を受け、カラダには何かしらの変化が起きています。

 

逆流性食道炎が改善しにくい理由

自律神経が乱れる原因の1つに、脳の疲労があると書きました。

 

脳を栄養している体液の1つに、脳脊髄液というのがあります。

 

脳脊髄液というのは、頭蓋骨〜背骨の中を循環している体液で、脳圧の調整や脳のオーバーヒートを防ぐ、脊髄を栄養するといった働きをしているものです。

 

これの生産・循環に、頭蓋骨が大きく関わっているというのは、あまり知られていません。

 

また、頭蓋骨には一次呼吸といって、開いたり閉じたりすることで、脳脊髄液を流すポンプとしての働きがあります。

 

これがとても重要なのですが、ストレス睡眠不足などが続くと頭蓋骨が歪んでしまい、一次呼吸のリズムが乱れてしまうことに・・・

 

こうなってしまうと、脳に十分な栄養が送られないため、脳が元気でいられなくなってしまうんです。

 

他にも、クスリの常用や食事に含まれる添加物化学物質などの影響も受けるため、自分でも気付かぬうちに自律神経が乱れているケースも多々あります。

 

逆流性食道炎へのアプローチ法

では、どうすれば逆流性食道炎を改善できるかと言いますと、ポイントは3つあります。

  • 内臓の働き改善
  • 自律神経のバランス正常化
  • 正しい生活習慣の改善

の3つです。

 

当院では、自律神経から整える事で内臓の働き改善する、自律神経整体という手法を用いています。

 

目的は、あなた自身が持っている治ろうとするチカラ(自然治癒力)を最大限引き出すことにあります。

 

自律神経の乱れを整えることで、全身の骨格の歪み、内臓の疲労が改善されていきます。

 

そうする事で、回復しやすいカラダになり、疲れにくい・病気になりにくい状態を作ることができるのです。

 

施術

当院の施術は、カラダに負担を掛けない、ソフトな刺激で行います。

 

刺激が強すぎると防御反射が起こってしまい、かえってカラダに負担が掛かり治ろうとするチカラを邪魔してしまうためです。

 

自律神経のバランス改善は、言い換えると脳の疲労回復になります。

 

その為には、脳脊髄液という脳を栄養しているモノの生産と循環を改善する必要があり、これには頭蓋骨の調整が必要です。

 

これも触れる程度のソフトな調整で行いますので、カラダに余計な負担をかけることのない安全な施術になります。

 

生活習慣の改善といっても、中にはどうしてもムリ!って事もあると思います。

 

すべてを改善できなくても大丈夫!

 

自分のカラダを信じてみましょう♪

 

カラダの働きって、自分が思っているよりもずっとずっと、スゴいチカラを持っていますから。

 

改善に向けて、一緒に歩んでいきましょう!

 

ご予約・お問い合わせはコチラから!

はい、高崎中央整体院です」と出ますので、

ホームページを見て、予約をお願いします」とお伝えください。

・ご希望の日時

・お名前

をお申し付けください。ご予約を承ります。

 

院長からのメッセージ

痛みやシビレといった症状は、カラダからのSOSのサインです。

 

症状が弱いうちは放っておかれがちですが、疲労が積み重なってしまうと、より重い症状へと悪化するリスクが高まっていきます。

 

また、病院や整骨院に行って色々やっているんだけど、なかなか良くならないという方もいらっしゃると思います。

 

これは、まだ治るのに必要なことをしていないことが原因なんです。

 

例えば、内臓疲労との関係

 

一見、気付きにくい原因を見つけ出し、あなたにとって必要なことを提供し、快適生活へご案内します!

 

あなたのご来院を、心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加