ハワイ大学で研修

こんにちは!

高崎市にある高崎中央整体院の城野です。

 

 

3/1(金)〜6(水)の間、院をお休みさせていただき、去年に続いてハワイ大学での解剖実習に参加してきました。

 

どんな学びをしてきたのかの報告がてら、ブログ発信していきたいと思います。

 

まずは、1週間もの間お休みをいただき、患者さんにはご迷惑をおかけしました。

 

予約日時の調整等、ご協力頂きましたすべての患者さんに感謝申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

日本ではできない体験

なぜハワイに?と思われた方もいらっしゃると思います。

 

もしかしたら、遊びに行ってるだけじゃないの?なんて思われているかも(苦笑)

 

 

わざわざハワイまで時間とお金をかけて行くには理由があります。

 

一番大きいのは、”日本ではできない”ということ。

 

 

今回の学びのメインは解剖実習

 

日本では、医師の免許を持っていないとメスを握ることができません。

 

また、教科書など2次元的な勉強だけでは得られないものが、解剖実習で得られるからです。

 

これは、参加した人にしか分からないので説明が難しいのですが、百聞は一見に如かずと言えば、少しは伝わりますでしょうか?

 

 

今回も、実際のご献体で確認した

  • 筋肉
  • 内臓
  • 血管
  • 神経

の位置や大きさが、自分のイメージしているそれとは違う部分が多々あり、とても学びの濃い時間を過ごせました。

 

献体提供プログラム

そんな貴重な学びも、ご献体があってこそ実現できること。

 

当たり前ですが、ご献体として体を提供してくださる方がいなければ成立しない学びです。

 

ハワイでは、Willed Body Programという献体提供プログラムがあり、賛同してくださった方から提供されたご献体を解剖実習で学びに使わせていただきます。

 

自分の体を提供する。

 

なかなかできる事ではないですよね。

 

より良い医療のためにと提供してくださるご本人やご家族の方には、言葉では言い表せないくらいの感謝の念を抱かずにはいられません。

 

レベルの高い講師陣

また、サポートしてくださる現地の先生にも感謝です。

 

アスレチックトレーナーをされている先生が解剖実習のサポートだけでなく、運動学・神経・ファシャ(組織)に関するセミナーを開催してくださったり、勉強漬けの3日間を過ごしました。

 

 

ハワイ大学は、アジア環太平洋地域でリーダーとなるべく活動しており、レベルが高いことで有名です。

 

そんなレベルの高い大学で教授をされている先生方から学べる機会なんてそうそうありません。

 

時間とお金を使う価値があるってもんです。

 

まあ価値観は人それぞれですがね。

 

少しでも興味を持っている方には、一度参加してみてほしいなと思います。

 

僕は、去年に続き2回目の参加でしたが、改めて学び・気づきがありましたから。

 

 

余談ですが、朝から夕方までみっちり講義・実習なので、観光気分味わえる余裕はありません(苦笑)

 

もし、参加を検討している方は、1日余分に取って観光にあてられる時間を作ることをオススメします。

 

今度ハワイ行くときは、プライベートでゆっくり過ごせる時間を持ちたいと強く思いましたから(笑)

 

以上、ハワイ解剖実習参加のご報告でした〜

 

LINEからも予約できます!

下記の画像をタップ(スマホ)して、「高崎中央整体院」を友達追加してください。友達追加していただくと、LINEでメッセージが送れるようになり、LINEからのご予約が可能です!

 

パソコンからですと、QRコードが表示されるのでお使いのスマホでQRコードを読み込み、友達追加していただくとLINEでのご予約が可能になります。

LINEで予約する

メッセージに、お名前・ご希望日時を記入して送信してください。

施術中など返信が遅れる場合がございますが、必ず返信いたします。

 

 

次回のブログも楽しみにしていてくださいね(^ ^)

やりたい事を思いっきり楽しめる快適生活へあなたをサポートします!