100点満点じゃなくていい

こんにちは!

高崎市にある高崎中央整体院の城野です。

 

 

以前、とあるセミナーに参加してから、意識していることがあります。

 

そうしたら、気づいたことがあったんですね。

 

それは、ほとんどの患者さんは

  • がんばり過ぎている
  • 一方向しか見えていない

ということ。

 

これって、以前から薄々感じていたのですが、それがハッキリしてきたような。

 

今日は、この辺について書いていこうと思います。

 

完璧思考の落とし穴

多くの患者さんに共通していると感じていることの一つに、

  • 100点を目指している

があります。

 

 

例えば、疲労感。

 

疲労感って不快なものですし、完全にない状態がベストですよね。

 

いつもパワフルで元気な方を見ると、羨ましく思ってしまう方もおられると思います。

 

ですが、1日仕事したり運動すれば疲れるのは当たり前。

 

言い換えると、”自然なこと”なんです。

 

 

当院は、生活や仕事に支障をきたさない状態は、プラスでもマイナスでもないので、最低限の目標だと考えています。

 

やりたい事を思いっきり楽しめるカラダが+(プラス)の状態なので、ここを目標にしていきましょうと話しますが、100点を目指しましょうと言っているわけではないんですね。

 

100点を目指してしまうと、体も心もガチガチになってしまうので、かえって改善しにくくなってしまうことも(汗)

 

 

完璧に!と肩に力が入り過ぎてしまうと、自分で自分の首を絞めることになりかねないので注意が必要ですよ〜

 

〜べき、〜でなければならないという妄信

  • 親(子)として◯◯であるべきだ
  • 社会人として△△でなければならない

こういった思い込みありませんか?

 

〜べき、〜なければならないという固定観念って、誰しも持っているもの。

 

でも、これが足かせになって不自由になってしまっている人も。

 

これに縛られてしまうと、自分で自分の首を絞めることになってしまうので注意が必要です。

 

 

もちろん、ある程度のルールの範囲内やマナーを持つということは必要ですよね。

 

ですが、自分が思っているよりも必要以上にこういった思考に縛られてしまっているケースって、とても多いように感じます。

 

柔軟性を持つ

柔軟性が大切ですよ〜ってお話、聞いたことがあると思います。

 

これは、筋肉や関節の動きに対して使われることの多い言葉ですが、頭(思考)にも同じことが言えると考えています。

 

 

筋肉が硬いとケガをしやすいのと一緒で、思考が硬いと自律神経が乱れやすいとしたら?

 

思考の硬さ = カラダの硬さ

 

僕は、こう考えています。

 

 

思考の硬さは、考え方の癖とも言えます。

 

癖って無意識にしてしまうので、気付きにくいかもしれません。

 

もっと言えば、脳って意識していなくても常に選択しているので、意識して”そこ”に目を向けていないと気づくことはあまりないでしょう。

 

 

ぜひ一度、思考の癖がないか意識してみてくださいね。

 

カラダとココロは繋がっているので、頭が柔らかくなるとカラダも軽くなりますよ〜

 

100点を目指さず80点くらいを目指す、”良い加減”に、”テキトーに”がポイントです(^ ^)

 

LINEからも予約できます!

下記の画像をタップ(スマホ)して、「高崎中央整体院」を友達追加してください。友達追加していただくと、LINEでメッセージが送れるようになり、LINEからのご予約が可能です!

 

パソコンからですと、QRコードが表示されるのでお使いのスマホでQRコードを読み込み、友達追加していただくとLINEでのご予約が可能になります。

LINEで予約する

メッセージに、お名前・ご希望日時を記入して送信してください。

施術中など返信が遅れる場合がございますが、必ず返信いたします。

 

 

次回のブログも楽しみにしていてくださいね(^ ^)

やりたい事を思いっきり楽しめる快適生活へあなたをサポートします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加