【症例報告】10年前から不眠症に悩まされていた症例

不眠症

症例報告シリーズ、今回は「不眠症」です。

 

不眠とうつに悩んでおり、薬も効かないことに困っていたケースです。

 

 

10年前から上記の症状が続いていて、何件も病院に行きいろいろな薬を試してきたが良くならず…

 

家族との時間も楽しめずにツラい思いをしているようでした。

 

子どもとたくさん遊んであげられるようになりたいと解決策を探していたところ、当院を見つけて来院されました。

 

 

結果的には、1ヶ月半でぐっすり眠れるようになり、子どもとも遊んであげられるように

 

良くなるまでの道のりを解説していきますので、同じような悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

問診(カウンセリング)

40代 男性 会社員

●主訴

不眠症:中途覚醒必ずある

不安感

 

●既往歴

うつ病

 

検査

●検査

【立位】

重心バランス:左から押されると耐えれらない

 

【座位】

右腸骨・脊椎・両肩外転90°ロック

 

【仰臥位】

内臓:肝臓、胆のう、心臓、胸腺、左腎臓、副腎

関節:頚椎、仙腸関節、股関節ロック

自律神経:交感神経過緊張、神経過敏状態

 

施術

検査で分かった事を元に、その日必要な施術をしていきます。

 

・膀胱経

・大腸経

 

再検査

施術後、再検査すると

【立位】

重心バランス:OK

 

【座位】

OK

 

【仰臥位】

内臓:胸腺、副腎残存

関節:頚椎ロック残存

自律神経:交感神経過緊張やや残存

 

このような変化が見られました。

 

 

その後、週1回ペースで施術を続けていき、

2回目:少し眠れるようなった気がする

3回目:中途覚醒あったり無かったり、ただ眠りは浅い

4〜5回目:胃の不調(+)も、週に1〜2回程度

6回目:だいぶ眠れるようになってきたが、まだ熟睡感が足りず不安が残る

7回目:中途覚醒(ー)、ぐっすり眠れるようになった

このような経過で、夜ぐっすり眠れるようになり、不安を感じずに生活できるようになりました。

 

考察・まとめ

今回のケースは、心の不調をキッカケに起きている不眠でした。

 

心の病気を発症する原因の一つに、相当なストレスの蓄積が挙げられます。

 

ストレスの厄介な面として、身体にどれだけ蓄積・影響しているのか自覚しにくいという点があります。

 

何かしらのストレスを感じると交感神経が働くのですが、この時に感覚が鈍くなる反応が起こります。

 

ストレス状態が単発的ならいいのですが、長期間続いてしまうと自分でも気付かぬうちに麻痺してしまうんですね。

 

 

麻痺状態になると疲れていることに気づけなくなります。

 

疲れを感じにくくなるので動けてしまう…

これが問題なんです。

 

無意識に、自分の身体に鞭を打っているようなものなので。

 

こんな事が続けば身体を壊すのは言うまでもありません。

 

 

なので、今回の方には生活習慣の中で

  • 身体を刺激するものの排除

  • リラックスできるセルフケア

に取り組んでいただきました。

 

 

はじめから大きな変化があった訳ではありませんでしたが徐々に眠れるようになっていき、最終的にはぐっすり眠れるように。

 

期間にして1ヶ月半ほどでした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

二人三脚でツラい症状からの卒業を目指しましょう(^ ^)

 

やりたい事を思いっきり楽しめる快適生活へ、あなたをサポートします!

高崎の自律神経専門整体 「高崎中央整体院」 不調の再発まで予防できる人気の整体院

〒370-0072群馬県高崎市大八木町659-1