【症例報告】朝まで一睡もできないほどの不眠症に悩まされていた症例

不眠症

症例報告シリーズ、今回は「不眠症」です。

 

1年前から寝つきが悪くなり、途中で目が覚めるとその後は眠れない日々を過ごしていたケースです。

 

 

1年前から睡眠障害に悩むようになり、ヒドい時は朝まで一睡もできないことも。

 

寝付けたとしても途中で目が覚めてしまうことが多く、その後は眠れることもあれば眠れない時もあり、困っておられました。

 

 

そんな状態から、4回の施術で朝までぐっすり眠れるまでに。

 

良くなるまでの道のりを解説していきますので、同じような悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

問診(カウンセリング)

50代 女性 会社員

●主訴

寝つきが悪い:ヒドい時は朝まで一睡もできない

中途覚醒:その後、まったく眠れないことが多い

 

●既往歴

副鼻腔炎

 

検査

●検査

【立位】

重心バランス:右から押されると耐えれらない

 

【座位】

腸骨・脊椎・肩甲骨・両肩外転90°ロック

 

【仰臥位】

頭重い

関節:頸椎、仙腸関節、股関節ロック

内臓:膵臓、脾臓、胆のう、肺、副腎

自律神経:交感神経過緊張、副交感神経↓

 

施術

検査で分かった事を元に、その日必要な施術をしていきます。

 

・脳下垂体

・松果体

 

再検査

施術後、再検査すると

【立位】

重心バランス:OK

 

【座位】

OK

 

【仰臥位】

頭軽い

関節:全体的に渋さ残存も、ロック(ー)

内臓:膵臓残存

自律神経:交感神経過緊張やや残存

 

このような変化が見られました。

 

 

その後、週1回ペースで施術を続けていき、

2回目:すぐに寝付けるようになったが、中途覚醒(+)

3回目:朝まで眠れた日があった

4回目:朝までぐっすり眠れている

5回目:良好

このような経過で、朝までぐっすり眠れるようになりました。

 

考察・まとめ

眠れない

 

僕も経験者なのでわかりますが、これってとてもツラい…

 

疲れているのに、眠たくなるのに眠れない。

 

普通に眠れる方からしたら信じられないかもしれませんが、実際にこういった悩みを抱えている方は少なくありません。

 

 

そんなツラい不眠症ですが、今回のケースの原因はズバリ脳の疲労

 

もともと副鼻腔炎持ちだったことや、スマホの使い方など脳が疲れる要素がいくつもあったので、施術とともに生活習慣のアドバイスを。

 

今回は、

  • 日を浴びる
  • 交代浴
  • スマホ使用時間

について取り組んでいただきました。

 

 

すると、こちらも驚くペースで眠れるようになっていき、短期間で卒業できるまでに。

 

ここまで順調にいくのは珍しいですが、施術でカラダのバランスを整え、生活習慣を正すことで必ずよくなっていきます。

 

もし、同じような悩みを抱えている方は一人で悩まず、一緒にお悩み解決に向けてがんばってみませんか?

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

二人三脚でツラい症状からの卒業を目指しましょう(^ ^)

 

やりたい事を思いっきり楽しめる快適生活へ、あなたをサポートします!

高崎の自律神経専門整体 「高崎中央整体院」 不調の再発まで予防できる人気の整体院

〒370-0072群馬県高崎市大八木町659-1