【症例報告】原因不明の胸の痛みに悩まされていた症例

胸の痛み

症例報告シリーズ、今回は「原因不明の胸の痛み」です。

 

2ヶ月ほど前から胸の辺りにズキズキした痛みが出始め、病院で検査しても原因がわからず困っていたケースです。

 

 

病院で検査しても分からず悩んでいた中、ご家族が当院に来ていたこともあり来院されました。

 

ケガをした訳でもなく、病院で詳しく検査しても何も分からない。

 

とても不安だったと思います。

 

そんな状況でしたが、結果的には1回の施術で痛みが無くなり、不安なく生活できるようになりました。

 

 

改善までの道のりを解説していきますので、同じような悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

問診(カウンセリング)

10代 女性 学生

●主訴

胸の痛み:2ヶ月ほど前からズキズキした痛みが毎日続いている

 

●既往歴

無し

 

検査

●検査

【立位】

重心バランス:右から押されると耐えれらない

 

【座位】

脊椎・肩外転(左140°、右150°)ロック

肩周りがパンパンに張っている

 

【仰臥位】

内臓:肝・胆・肺・副腎

頭:ずっしり重い

自律神経:交感神経緊張状態

 

施術

検査で分かった事を元に、その日必要な施術をしていきます。

 

・第7チャクラ

 

再検査

施術後、再検査すると

【立位】

重心バランス:OK

 

【座位】

左肩:150°まで改善も、関節可動域の問題残存

他OK

 

【仰臥位】

 

オールOK

 

このような変化が見られました。

 

 

その後、1週間後に来院してもらったところ、

胸の痛みの他、自覚症状(ー)

検査上も、初回の問題(ー)

で、心身ともに問題なく過ごせていたので、めでたく卒業となりました。

 

考察・まとめ

今回の症状の原因は、簡単に言えばストレスから来ていたと思われます。

 

日々、大なり小なりストレスってありますよね。

 

食べ過ぎるとお腹が苦しくなるように、ストレスにも許容できる量があります。

 

その許容量を超えると何かしらのトラブルが起きるのですが、ストレスって目に見えないし、病院の検査では調べられないので原因が分からない…という事になるんですね。

 

 

もう少し言えば、ストレスといっても様々な種類のストレスがあります。

 

大きく分けると

  1. 肉体的ストレス
  2. 感情的ストレス
  3. 環境的ストレス

の3つになります。

 

これらの内、どのストレスによるものかを調べることってできるんですね。

 

それが神経の反射を利用したテスト法。

 

 

こういった、目に見えにくい原因を調べることで症状の根っこの原因や、良くなるために必要なことを知ることができます。

 

今回の患者さんも、神経テストから得られた情報を元に施術し、短期間での卒業となりました。

 

 

病院に行って詳しく検査して分からないと言われても、今回のように隠れている原因を探し出し、施術することは可能です。

 

もし、同じような悩みを抱えている方がおられましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

二人三脚でツラい症状からの卒業を目指しましょう(^ ^)

 

やりたい事を思いっきり楽しめる快適生活へ、あなたをサポートします!

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事

高崎の整体「高崎中央整体院」不調の再発まで予防できる人気の整体院

〒370-0072群馬県高崎市大八木町659-1