【症例報告】2年ほど前から頭痛と吐き気に悩まされていた症例

頭痛 吐き気

症例報告シリーズ、今回は「頭痛・吐き気」です。

 

2年前から頭痛・吐き気に悩まされ仕事に集中できなくなっていたケースです。

 

 

仕事内容が変わった2年前より、首の痛みに悩まされるようになり、頭痛・吐き気が頻繁に起こるように。

 

なかなか良くならず、解決策を求めて来院されました。

 

 

結果的に6回の施術で当院を卒業できるまでに

 

仕事も趣味もまったく不安なく楽しめるようになりました。

 

良くなるまでの道のりを解説していきますので、同じような悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

問診(カウンセリング)

20代 男性 会社員

●主訴

頭痛

吐き気

首肩こり

 

●既往歴

盲腸

尿管結石

胃腸炎

膀胱炎

 

検査

●検査

【座位】

脊椎・両肩外転90°ロック

腸骨・肩甲骨シブい

 

【仰臥位】

内臓:胆のう、右副腎

関節:頚椎、両股関節ロック

自律神経:交感神経過緊張

 

施術

検査で分かった事を元に、その日必要な施術をしていきます。

 

・大腸経

・インナーチャイルド

 

再検査

施術後、再検査すると

【座位】

脊椎ロック残存

 

【仰臥位】

自律神経:交感神経過緊張やや残存

 

このような変化が見られました。

 

 

その後、週1回ペースで施術を続けていき、

2回目:変わらず

3回目:首、上下に動かすと痛み(+)

4回目:首の痛みが違和感に変化

5回目:首は気にならず、頭痛(+)もすぐにおさまる

6回目:疲労感はあっても痛みや違和感なく過ごせた

このような経過で、仕事も趣味も痛みなどの不調なく楽しめるようになりました。

 

考察・まとめ

首や肩のコリが酷くなると頭痛がするというのはよく聞く話です。

 

今回のケースは、痛みだけでなく吐き気もするとの事。

 

これ、最悪の場合、脳血管障害が考えられるので、気をつけなければなりません

 

幸い、今回の方はそういった類のものでは無かったので施術を承りました。

 

 

頚椎の歪み・固さも問題としてありましたが、それだけでなく全体的な歪みや内臓疲労など問題点は多数。

 

生活習慣を確認していくと、あまりよろしく無いことが少なくありませんでした汗

 

具体的には、

  • 糖質過剰
  • 睡眠時間バラバラ
  • 運動不足

これらがあり、この中でできる事から修正していってもらいました。

 

 

ご本人が施術だけに頼るのではなく、生活リズムの修正に取り組んでくださったことで短期間で症状は消失。

 

痛みで集中することが難しかった仕事も問題なくこなせるようになり、休日には趣味を楽しむ余裕も

 

 

施術で身体のバランスを整えることはもちろん大事ですが、生活習慣を整えることもとっても大切。

 

これらがうまく噛み合うとカラダのなおろうとする力の働きがグーンと上がります

 

そんな事を再認識させられた症例でした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

二人三脚でツラい症状からの卒業を目指しましょう(^ ^)

 

やりたい事を思いっきり楽しめる快適生活へ、あなたをサポートします!

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事

高崎の整体「高崎中央整体院」不調の再発まで予防できる人気の整体院

〒370-0072群馬県高崎市大八木町659-1