【症例報告】3回の施術で動悸や不安感をクスリに頼らず改善した症例

動悸

症例報告シリーズ、今回は「動悸」です。

 

動悸や不安感で何も手につかなくなっていた状態から、仕事を楽しめるまでに回復したケースです。

 

 

1ヶ月ほど前から上記の症状に襲われ、だるさや眠れなくなるなど多くの悩みを抱えている状態。

 

本来、仕事は好きで楽しくできていたのが、最近は体調不良が気になって集中できなくなってしまったとの事。

 

家族に当たってしまう事もあり、早くなおしたいが薬には頼りたくないと来院されました。

 

 

複数のお悩みを抱えている状況から、3回の施術で仕事を楽しめるまでに回復した症例です。

 

改善までの道のりを解説していきますので、同じような悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

問診(カウンセリング)

30代 男性 会社員

●主訴

動悸

不安感

だるさ

睡眠障害

胃の不調

 

●既往歴

なし

検査

●検査

【立位】

重心バランス:右から押されると耐えれらない

 

【座位】

腸骨・脊椎ロック

 

【仰臥位】

内臓:副腎皮質

膝倒し:左膝倒し↓

自律神経:交感神経緊張状態

施術

検査で分かった事を元に、その日必要な施術をしていきます。

 

・仙椎5番

・電磁波

再検査

施術後、再検査すると

【立位】

重心バランス:OK

 

【座位】

腸骨・脊椎:OK

 

【仰臥位】

内臓:OK

膝倒し:OK

自律神経:OK

 

このような変化が見られました。

 

 

その後、週1回ペースで施術を続けていき、

2回目:動悸・不安感・だるさ軽減するも残存

3回目:何も気にならず、仕事を楽しめるようになった

4回目:いい状態を維持できている

このような経過で、短期間で改善することができました。

考察・まとめ

施術回数3回、期間にして1ヶ月弱でここまで回復することができたのは正直驚きました。

 

というのも、自律神経症状は順調に行っても2〜3ヶ月かかることが多く、場合によっては半年〜1年くらい掛けてゆっくりなおっていくこともあるからです。

 

 

なぜ今回のケースは短期間で改善できたのか?

 

1つに、ご本人が安易にクスリに頼らなかったことが考えられます。

 

 

クスリはとても効果があるものです。

 

でも、使い方を間違えると体調不良の原因になる事も…

 

なぜかと言うと、化学物質が内臓に負担となってしまうから。

 

メリット・デメリット両方ある事を知り、必要に応じて使うことがとっても大切なんですね。

 

 

で、今回の患者さんは、来院されるまで対症療法をしてこなかったため、余計な内臓負担が無かった。

 

この為、当院の施術で自律神経のバランスを整え活性化したことで自然治癒力にスイッチが入り、こちらもビックリするほどのスピードで改善していけたと考えています。

 

 

さらに嬉しかったのが、仕事だけではなくプライベートも家族と充実した時間を過ごせるようになったと報告を受けたこと。

 

ただ症状を解決するだけでなく、その先のやりたい事を思いっきり楽しめる体作りのサポートができたと思うと、とても嬉しく思った症例でした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

二人三脚でツラい症状からの卒業を目指しましょう(^ ^)

 

やりたい事を思いっきり楽しめる快適生活へ、あなたをサポートします!

動悸について詳しくはこちら

動悸

この記事に関する関連記事

高崎の整体「高崎中央整体院」不調の再発まで予防できる人気の整体院

〒370-0072群馬県高崎市大八木町659-1